魔法のオールインワン石鹸の効果と口コミ

肌荒れを治す方法

魔法のオールインワン石鹸

 

日ごろから正しいスキンケアを心がけ、肌のバリア機能をキープすることで、肌荒れしにくい肌環境を保つことはできます。

 

洗顔やクレンジングの方法について見直しを行いましょう。毎日の洗顔では、汚れをきちんと落としつつ、肌に余計な刺激が加わらないよう行うことが大切。

 

石けんや洗顔料はよく泡立て、泡で肌を包み込むようにして洗うと、指の刺激を肌に伝えることなく洗うことができます。すすぎはぬるめのお湯で、泡が残らないようていねいに洗い流しましょう。洗顔後は清潔なタオルで、こすらず押さえるようにして、水気をやさしく吸収させます。

 

クレンジング料は、使用量が少ないと肌への摩擦が大きくなります。適量を顔に伸ばし、指先でらせんを描くようにメイクとなじませてからすばやく洗い流しましょう。指先には力を入れず、あくまでも軽いタッチをキープ。ついゴシゴシこすり洗いしてしまいそうなアイメイクや口紅などのポイントメイクは、専用のリムーバーであらかじめ落としておきましょう。

 

生活習慣の見直し

睡眠不足や体調不良など、身体の健康状態が肌にも影響することはすでに紹介したとおり。すこやかな肌を取り戻すためにも、生活習慣を見直してみませんか?

 

しっかり睡眠を取る

肌の細胞が入れ替わり、生まれ変わる「ターンオーバー」は、睡眠中に活発に行われています。なかでも、眠りに落ちてすぐの「ノンレム睡眠」の時に成長ホルモンが盛んに分泌されることが大切。

 

睡眠の質を高めるには、毎朝決まった時間に起きてしっかり朝食をとりましょう。就寝前は、睡眠の質を低下させる飲酒や喫煙、ブルーライトを発する電子機器などの使用を控えること。体温が下がると自然な眠気が訪れやすくなるため、就寝の1〜2時間前に入浴をすませ、一度体温を上げておくのがおすすめですよ。

 

バランスのよい食事を心がける

肌や身体を作るタンパク質を基本に、ビタミンや食物繊維が豊富に含まれる野菜など、さまざまな食材を摂りましょう。特に、ビタミンC(レモンやキウイ、赤ピーマンなど)やβ-カロテン(ニンジンやほうれん草、かぼちゃなど)は肌や粘膜をすこやかに保つ働きがあるほか、活性酸素から身体を守る抗酸化作用も。

 

ニキビが気になる時は、皮脂の分泌を調整するビタミンB1(豚肉、うなぎ、たらこなど)やビタミンB2(うなぎや卵、納豆、乳製品など)、ビタミンE(アーモンドや植物油、アボカドなど)がおすすめです。

 

魔法のオールインワン石鹸の詳細はこちら
↓   ↓   ↓
https://www.you-up.com